読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLCとかやってるエンジニアがプログラミングを勉強したりしなかったりする diary

PLCとかやってるエンジニアがプログラミングの勉強したり、買ったモノのレビューをしたりするブログです。

PLCエンジニアがHuawei P9 Plusのガラスフィルムをレビューする話

Huawei P9 Plusには、保護フィルムが同梱されています。フィルム状のもので品質もよく、画面のぎらつきや指紋残りも問題ありませんでした。しかし3か月程度使用した段階で、大きめの傷が入ってしまったため、交換することにしました。

今回交換したフィルムはこれです。

 

 Huawei P9も同様ですが、P9 Plusも表面ガラスの端面処理が2.5Dとなっておりフィルムの保護領域が画面端まで達しないということがあり、保護フィルムの選択は慎重に検討しなければいけません。

手元に届いた商品はこんな感じで簡易的なビニール包装されていました。

f:id:xstdm939:20161214223331j:plain

中身はこんな感じ

f:id:xstdm939:20161214223316j:plain

保護ガラス一枚とアルコール不織布、乾拭き用の布、埃取りのテープが入っています。

早速、お風呂場で貼り付けを行いました。

貼り付け自体はいつも通りなんの問題もなく終わったんですが、端面から3~5㎜程度が空気が入ったようになり、空気を押し出しても張り付きません。

全周こんな感じです。

f:id:xstdm939:20161214223138j:plain

保護エリアとしては画面表示部分はすべてカバーできているみたいですが、こんなに空気が入ったのでは見た目的には完全にNGです。

P9 Plusの表面ガラスが端面に向かって緩やかにRになっているのか、今回の保護ガラスの端面がそってしまっているのかわかりませんが、この商品は買うべきではありませんね。

Huawei P9 Plus(P9もですが)は、保護ガラスよりも表面カーブに張り付くことができる保護フィルムの方が良さそうです。早めに保護フィルムに交換しようと思いますので、また張り付けた際はレビューします。

フィルムはあまり種類がないので、下のどれかを買う予定です。